×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



index >> 雑記徒然 >> column + etc >> 痛車プラモを作ろう

痛車プラモを作ろう('08.7.6)

※当時のBlogに加筆修正。

'08.7/6
痛車プラモはアオシマから第三弾として「らき☆すたロードスター」が
発売がすでに決定しましたが、アマゾンの予約では早い段階で売り切れに。
(相変わらずな展開>アマゾン)
模型専門店に行って探して来ようかなと思いますが望み薄かもw。



痛車プラモへの道 <その1>
2008 / 02 / 19 ( Tue )

前置き
数年前から巷には痛車(いたしゃ)なるゲームキャラを貼り付けたりする車を
見かけるようになり、痛単車(いたんしゃ:単車)とか
痛チャリ(いたちゃり:自転車)まで現れるつわものも現れたり、
しまいには「痛車ろーど」なる専門ムックも出たりした。
面白いなと思いつつも、実際に自分の車をペイントしたり
デコレートするには中々勇気が居る。

ふとある日「あ、プラモで作れば良いじゃないか」と
気付いたのがきっかけ。

※実はこの時点ではアオシマから本当に「痛車プラモ」が
出るという事は全然知らなかった。アキバblogの記事を読んだ時
本当に噴いてしまった。

そんなわけで車のプラモを見繕って作る事に。

ita001.jpg


<つづく>

痛車プラモへの道 <その2>
2008 / 02 / 19 ( Tue )

このキットを選びました。
ita001.jpg


なんと接着剤不要!
ita002.jpg


プラモで接着剤不要というのは
ガンプラではもはや当たり前ですが、
逆に普通のプラモデルは
接着剤を使うのが当たり前。
それだけに「頑張ってるなあアオシマ」と感じました。(※)

※このプラモを買いに行った前後で
痛車プラモが、しかもアオシマから出ると知りました。
ほんと、頑張ってるなあw

ita003.jpg


サクサク作っていきます。
ita004.jpg


ita005.jpg


ita006.jpg


ita007.jpg


ita008.jpg


完成!
ita009.jpg



付ける面を調べるため、紙であたりを取っていきます。
ita010.jpg


コピー用紙を切り張り。
ita011.jpg


<つづく>


痛車プラモへの道 <その3>
2008 / 02 / 19 ( Tue )

型紙が取れました。
ラインは汚くても大まかに取ってPC上で修正する予定で作っています。
ita012.jpg


ザザッと数値をメモ。
ita013.jpg


スキャナ取り込み。
ita014.jpg


題材を何にしようかと考えていたのですが、
「MAID iN HEAVEN SuperS」のなぎさにしました。
理由:かわいくてエロいからですw

ita015.jpg


型紙パスをイラストレーターで作っておいてから
フォトショップに持ってきて辺りを作っておいて配置の位置合わせ。
それをイラストレーターに持ってきて調節。
ita016.jpg


出力、一度キットに貼り付けて調節します。
ita017.jpg


デザインナイフが合ってよかったです。
ita018.jpg


切り分け終了。
ita019.jpg


むう、サイドが大きく形がずれてしまっていたため、
もう一度型紙取り直し。
キットのモールドに沿ってペン入れをしてなるべく細かく。
ita020.jpg


痛車プラモへの道 <その4>
2008 / 02 / 19 ( Tue )

改めて作り直したサイド。
ita021.jpg



貼り付けて具合を見ています。
天井の画像の向きは逆が良いな。
ita022.jpg


後ろから。余分なはみ出しとか逆に足りない部分をここで見て調節。
ita023.jpg


調節した物を再スキャンして型紙修正。
その後シール印刷に。
実は痛車プラモを作るきっかけとして、
曲面にも貼り付けやすい伸びるシール用紙という物が
あった事を初めて知り、「これならやりやすい」と
思ったのも一つの理由。

印刷。
ita024.jpg


実はシール面が固いせいなのか、
印刷の後の方で紙が滑って少しずれて印刷されてしまった。
ita025.jpg


ピンと引っ張る感じで貼り付けて完成。
ita026.jpg

痛車プラモへの道 <その5>
2008 / 02 / 19 ( Tue )

左斜め上から。
普通紙の時は分からなかったですが
いい発色具合。
ita027.jpg


左から。
ita028.jpg


後ろから
ita029.jpg


少し上から
ita030.jpg


右から、ロゴと絵のバランスはいい感じになったと思います。
ita031.jpg


天井には寝そべるなぎさを配置。
ita032.jpg


ボンネットにはちょっと挑発的なのを。
ita033.jpg


角度を付けて、左前から
ita034.jpg


左後方
ita035.jpg


右後方
ita036.jpg


右前
ita037.jpg


うーん、楽しかったです。
ita038.jpg


実はもっとエッチいVerの物も用意していたのですが、
それはまたいずれ。

・作り終えて
いきなり作りたいなと思っていきなり始めたのですが、結構面白かったです。

作り終えて実際の痛車写真と見比べて、
なんとなく荒さや貼っただけという感覚が出てきたため、
次はもう少し上手く作れると思います。

当初はデコレーションカーをイメージしていたので考えていませんでしたが、
イメージのバックもきっちり切ってシールと貼付物の境を無くしても良かったかもと思いがよぎりましたが、
白い紙の切った後が目立ったかもしれないので結果オーライと考えておきます。

デカール用の用紙(インクジェット対応)という物まで出る話を聞いていますので、
やるならばきっちりカッティングシート風な物もやって見ようかなと思います。


(おまけ・ちょいエロかったのでBlog時には没にしたデータ)
[車体左]


[車体右]



※使用しているイラスト・版権物の著作権は「株式会社ストーンヘッズ」に帰属する物です。



<< back


PYROMANIA(雑記系サイト) / 管理人:yasaka