×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



index >> 雑記徒然 >> column + etc >> SDデンドロビウム

SDデンドロビウム ('07.6.17)
(当時のBlogに加筆修正)

ガンプラ「SDデンドロ」製作中 <SD戦士>
2006 / 06 / 18 ( Sun )

SDガンダムのデンドロビウムが
作ってみたかったので。

060618sddendro001.jpg

パッケージ

060618sddendro002.jpg

頭部パーツ、2頭身なので頭がでかいw

060618sddendro003.jpg

半組み上げ。


060618sddendro004.jpg

実は今回墨入れペンのインクが切れたので
違うグレー系の物にしたのだが、
あまりにも色が薄くて効果があるのか無いのかが微妙すぎた。

こちらは墨入れ無し。



060618sddendro005.jpg

墨入れあり。
・・・といいつつあまり判らない。
(写真では特に判りづらい)

模型店で試し書きのサンプルか
墨入れの色合いサンプルが有ればいいのだが・・・

060618sddendro006.jpg


ステイメンの胴体バックパック

060618sddendro007.jpg


ステイメン構成パーツ

060618sddendro008.jpg

完成

(続く)

続ガンプラ「SDデンドロ」製作中 <オーキス+ステイメン>
2006 / 06 / 20 ( Tue )

前記事

続きはオーキス(※)部分です。
※デンドロビウムはざっくり言うと
「ガンダム(ステイメン)」と「オーキス(コンテナユニット)」の
組み合わせたものの総称。

060620sddendro001.jpg

ビーム砲とかの装備

060620sddendro002.jpg

オーキスのコンテナとブースター部分。

060620sddendro003.jpg

完成!ステイメンとオーキス。

060620sddendro004.jpg

デンドロビウム状態

060620sddendro005.jpg

1/550スケールと並べて見ました

感想:
SDシリーズは慣れれば30分もかからず
製作できるプラモです。
MG等の機構がしっかりした物は
作るのがなかなか手間ながら楽しいですが、
こういったパーツ構成数の少ないものとか
デフォルメしたモデルもなかなか楽しく、
逆にこういったものの方がモニター上とかに
置いておくのもしゃれっ気があって良いと思います。

基本的に低価格でもありパーツ数も少ないので
こういったものでカラーリングに慣れていくのも
良いかもしれません。
一番判りやすいのはシャアカラーリングでしょうか。
(色塗りもセンスがいるんだよなあとじっと我が手を見る。)







<< back


PYROMANIA(雑記系サイト) / 管理人:yasaka