×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



index >> 私家版映画心 >> シザーハンズ

シザーハンズ

原題:EDWORD SCISSORHANDS

本編:105分

人造人間エドワードの苦悩

監督:ティム・バートン

エドワード・シザーハンズ/ジョニー・ディップ(塩沢兼人)
キム/ウィノナ・ライダー(玉川紗己子)
ペグ/ダイアン・ウィースト(鈴木弘子)
ジム/アンソニー・マイケル・ホール(堀内賢夫)
ジョイス/キャシー・ベイカー(吉田理保子)
発明家/ビンセント・プライス(大木民夫)
ビル/アラン・アーキン(嶋俊介)


パッケージ


中身
丘の上の広い屋敷に住む一人の人造人間「エドワード」と人間達の奇妙なお話。

エドワードは発明者に造られて居たが、その途中で発明者が急死してしまい、制作途中の彼の両手は鋏のままだった 。
手で触れたものを傷つけてしまうため、彼の顔は鋏の傷痕だらけだった。そんな彼の境遇を不憫に思った人間が彼を街に連れて帰った。
最初は奇異に思われたが手がはさみなのを生かし徐々に打ち解けていくエドワード。
しかし手が鋏なので人を抱きしめる事も出来ない。
そんなジレンマを抱えつつある事件がきっかけで騒ぎを引き起こしてしまう・・・。

彼に悪意は無いけれど回りの環境から不幸な事が起こりそれを責め立てられてしまう境遇、
そして最後で語られる今まで雪が降らなかった町に雪が降る話は甘く切ないものを感じます。



コンビニで「シザーハンズ-特別編-」という形で販売されてました。
初回限定生産ながら999円でシザーハンズのDVDが手に入るとは。
しかもこの手の低価格DVDは本編以外はまったく手を掛けないような物が多いのに、
ピクチャーレーベルだったり、特典コンテンツ(出演者インタビュー等)、日本語吹替まで入っているのはサービス満点です。



<< back

PYROMANIA(雑記系サイト) / 管理人:yasaka