×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



index >> 私家版映画心 >> あずみ

あずみ





原作:「あずみ」小山ゆう

爽快活劇アクション。

ハリウッドに通用する(このコピーも聞き飽きたな)監督が作った作品と言う鳴り物で、公開前から評判も上々でした。


一応漫画原作の時代劇ではあるものの、今まで作られてきたものが本物とするならまったく異質ではあります。
正直、若手俳優と大物俳優の演技が違います。
若手は演技なのかもしれませんが今時の若者そのままの喋りですし、年季の入った方は俗に言う「時代劇ぽい」喋り方でした。
共通点はカタカナ言葉を使わないところでしょうか。
逆に時代劇時代劇している作品が嫌いな人は見て見ると面白いです。

正直、今まで日本映画で演技演技している部分が鼻についてみる気が起こらなかったのですがそれを払拭させられました。特別出演・友情出演・過剰演技・〜〜を超える制作費・形式重視・・・・。
みんな作品の面白さとは直接関係ないものが多いじゃないですか。何で作品そのものが面白いと言えないんですか?
(言うのは簡単なんですけどね)

-閑話休題-

部分部分でここまでCGエフェクトかけなくていいよと言う部分は目に付きましたが、それを差し引いても十分かなりの
年と言うか元気が良いアクション映画で面白かったです。

原作を読んでないので、どうストーリーが変わっているかなんてのはわかりませんが、解りやすくてシンプル。その分は話に入りやすい。
「アイドルが殺陣をやるの?」とか考えがちなんですが、それも見ていれば払拭されますし、時代物を知ってる人なら色々無理に突っ込むことも出きるかもしれないんですが、単純に見てて時間を忘れ面白かったです。
帰りに1冊早速購入しました。

その後また書店に行ったら、映画公開記念として1・2・3巻がパックになった物(トレカ付)があったので購入しました。
ほぼ原作の部分がここに当たるみたいです。
美女丸が出てきませんでしたが。

ある程度人気が出るとパート2物以降が作られる事が決定しますが、原作自身が完結してませんし、中途半端に二匹目を釣ろうとするのは正直やめてほしいです。

楽しかった割に苦言を書き連ねているようですが、
作品は面白かったので、監督の次回作をお楽しみにしたいです


蛇足:垂直軸?にグルグル回転するのはカメラワークは正直どうなんでしょ。
派手ですがスピード的にも少し見づらかった。
少しくらっと来ました(私が弱すぎかも)。
もう少し遅くても良かったかも。

ラスト近くのサルが爆発により宙へ飛び、スクリーンいっぱいに近づく部分は少しやり過ぎの感があり苦笑。
もう少し淡としてて宙に舞うくらいでも十分面白いです。
刀に炎が移るシーンや矢を払うシーンも同様かと。




<< back

PYROMANIA(雑記系サイト) / 管理人:yasaka